予防接種とは

予防接種のイメージ写真

当クリニックでは、成人向けのインフルエンザ、肺炎球菌のワクチン接種を行っています。
ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を体内に注入することで、病原体への抵抗力をつけるようにするものです。
これにより、特定の病原体により引き起こされる病気にかかりにくくなり、万一その病気になったとしても重症化を防ぐことができます。
成人向けのインフルエンザ、肺炎球菌のワクチン以外のワクチン接種をご希望の場合は、別途ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザです。
感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、普通の風邪と同じような喉の痛み、鼻水、咳などの呼吸器症状に加え、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状も現れます。
小児の場合は、痙攣や中耳炎、まれに急性脳症もみられ、高齢者や基礎疾患をもつ場合は、肺炎を併発して重症化することもあります。
このようなインフルエンザの予防に有効なのが、ワクチン接種です。
インフルエンザワクチンは接種してから予防効果が現れるまでにおおよそ2週間かかり、約5ヵ月間その効果が持続します。
例年12月~翌3月頃にインフルエンザは流行するため、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいといわれています。
なお、インフルエンザウイルスは、毎年異なるタイプが流行するため、毎年インフルエンザワクチン接種を行う必要があります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染し、炎症を起こした状態です。
気管、気管支、肺等、呼吸器の防御機能で病原体を排除できなかった場合や、病気やストレスなどにより抵抗力が落ちている場合などの、感染力が防御力を上回った時に、病原体が気管から気管支、そして肺にまで入り込み、肺炎を起こします。
高齢者や基礎疾患を持っている方などが肺炎にかかりやすく、しかも一度発症すると治りにくいといった特徴があります。
このような肺炎を予防するのに、肺炎球菌ワクチンの接種が有効です。肺炎の原因菌で最も多いのが肺炎球菌であり、肺炎球菌ワクチンを接種することで肺炎を予防するほか、重症化のリスクを減らすこともできるからです。
※肺炎球菌ワクチンは、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛み・腫れが強く出る場合があるため、再接種を希望される方は5年以上の間隔が空いていることが必要です。
当診療所では、再接種希望の方には、前回摂取した証明書を確認させて頂いております。