オープン型MRIによる検査

健康診断のイメージ写真

当診療所に設置してあるMRIは、大きな病院でよくみられる筒型の機器ではなく、左右に広いスペースが空いているオープン型です。
オープン型のため、検査時の閉塞感が大幅に軽減されました。
閉所恐怖症の方や、筒型の機器に入る体勢が保ちづらい方にも、ご利用いただけます。

MRIとは

MRI(磁気共鳴画像)とは、強力な磁場の中に体を入れ、強い磁気と電波を使い、体の内部(臓器や血管)を撮像する検査機器です。
脳神経内科では、主に脳・脊髄の病気の診断に利用します。
発症直後の脳梗塞やかくれ脳梗塞(無症候性脳梗塞)そして脳動脈瘤などの診断ができ、脳疾患(脳梗塞、脳出血、神経変性疾患、脳腫瘍など)の早期発見・予防にも役立ちます。

動脈硬化検診

血圧脈波検査

血圧脈波検査では、血管の硬さ・血管の詰まり・血管年齢の3つの項目がわかります。
所要時間は5分程度で行える手間のかからない検査です。結果もすぐに出ますので、検査を受けたその場で、医師による所見が得られます。

CAVI(血管の硬さ)

CAVI(キャビィ)は大動脈を含む「心臓(Cardio)から足首(Ankle)まで」の動脈(Vascular)の「硬さ」を反映する指標(Index)で、動脈硬化が進行するほど、この数値は高くなります。
動脈は血液を全身に送るポンプの役目を果たしていますが、ポンプの内側の圧力(血圧)が変化した時の膨らみ方の大きさを測定することによって(血管が柔らかいほど、大きく膨らみます)動脈の硬さがわかります。

ABI(血管の詰まり)

足の動脈の詰まり(狭窄・閉塞)を表すのが「ABI(エービーアイ)=Ankle Brachial Pressure Index:足首/上腕血圧比」です。
横になった状態で足首の血圧を測定すると、健康な人なら腕の血圧と同じくらいか少し高い値になりますが、足の動脈が詰まっていると腕の血圧に比べて足首の血圧は低くなります。
「腕の血圧」と「足首の血圧」の比(ABI)をみれば、足の動脈の詰まり具合が診断でき、この値が0.9未満なら詰まっている可能性が高いと判断されます。

血管年齢

同性・同年齢の健康な人のCAVIの平均値と比較することで、「血管年齢」がわかります。CAVIが9.0未満であっても、「血管年齢」の高い方では、動脈硬化症の進行が早いと考えられます。

料金

動脈硬化検診 8,000円(税込)

  • 身長
  • 体重
  • 頸動脈超音波検査
  • 血圧脈波検査

一般健診 13,000円(税込)

  • 身長
  • 体重
  • 体格指数(BMI)
  • 血圧
  • 脈拍
  • 視力
  • 聴力
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部XP

脳ドック 41,000円(税込)

  • 身長
  • 体重
  • 体格指数(BMI)
  • 血圧
  • 脈拍
  • 視力
  • 聴力
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部XP
  • 頭部MRI
  • 頭部MRA

認知症ドック 42,000円(税込)

  • 身長
  • 体重
  • 体格指数(BMI)
  • 血圧
  • 脈拍
  • 視力
  • 聴力
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部XP
  • 頭部MRI
  • 頭部MRA
  • 神経心理検査