頭痛について

頭痛のイメージ写真

頭痛は、誰でも経験のある一般的な病気だと思います。しかし、一口に頭痛と言っても、治療の不要な二日酔いによる頭痛から、緊急に治療の必要な命に関わる頭痛まで様々です。
今まで経験したことのないような頭痛、原因不明の頭痛でお困りの場合、躊躇せずご受診ください。
頭痛には、大きく分けて頭痛が病気そのものである「一次性頭痛」と、他の病気の症状として生じている「二次性頭痛(症候性頭痛)」に分類することができます。
一次性頭痛と二次性頭痛の主な症状および病気は以下の通りです。

一次性頭痛

  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 群発頭痛 など

二次性頭痛

  • 脳出血
  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 髄膜炎
  • 高血圧
  • 顎関節症
  • 心身症
  • 薬物乱用頭痛 など

頭痛の診察および検査とは

原因不明の頭痛であれば、まず詳しい問診を行います。
ちなみに、頭痛で来院される方のおよそ9割は一次性頭痛、すなわち命に関わらない頭痛です。しかし、二次性頭痛が疑われる場合は、放置すると命に関わる病気が隠れている場合があり、詳細な検査が必要です。
当クリニックでは、MRIによる脳および脳血管の検査が可能です。

二次性頭痛が疑われる症状とは

以下の症状がある場合、二次性頭痛の疑いがあります。

  • 突然の頭痛
  • 今まで経験したことの無い頭痛
  • いつもと様子の異なる頭痛
  • 頻度と痛みが増していく頭痛
  • 50歳以降に初めて起こった頭痛
  • 神経症状(しびれ、麻痺、けいれんなど)を伴う頭痛
  • がんや免疫不全などの病気がある方の頭痛
  • 精神症状に加えて頭痛が出てきた場合
  • 発熱や首のこわばり、吐き気・嘔吐などを伴う頭痛